歌唄いと試行錯誤の日々

「Innocent a crime」の別館ですよ。 時々暴走することもありますが、主に自作詩と音楽製作日記を載せてゆきます。。。

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【拡散希望】太平洋沖地震

おひさしぶりです。お久しぶり過ぎですが生きてます。

そんな久し振りな記事ですが、心配になったので何か力になれればと。



とあるブログから転載させて頂きました。


---------


【被災地の方へ】

地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
そして、家にいる人は、今、お風呂に水をためてください。
まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。


X字の亀裂が入っているとこはすぐに崩壊するから注意!
携帯と充電器、ラジオ、ペットボトル水必要!
ヒール履いてる人は折る!

食料は最低3日間は自立しなきゃいけない。
トイレは基本ないからビニール袋を。

パニックになったら周りもパニックになるから落ち着いて
過呼吸起こしてる人、泣いてる人には声をかけて背中や肩をさすってあげて

ストッキング履いてる女性はできるだけ脱いで持ち歩く(火がうつりやすい。怪我の固定や止血に使える)
あれば生理用ナプキンも持ち歩いて。(止血帯になる)


安否確認はダイアル171
できるだけ安否確認で電話は使わないで!
救急ダイアルが混乱するから


□あったらいいもの□

●お金
●水
●ペンライト
●お菓子
●携帯
●応急セット
●ハンカチ
●ティッシュ


被災者のために持っている情報を無駄にしたくないので日記にコピペして拡散してもらえると助かります


テレビのむこうだけをじっと眺めているだけではいけない


追記


屋内の場合

●家の中
・テーブルの下にもぐる(無理なら座ぶとんなどで頭を守る)
・ガラス片が危険なため、素足で歩かない
・火の始末はすみやかに

●デパート・スーパー
・バッグなどで頭を保護
・ショーウインドウや売り場から離れ、壁際に
・係員の指示に従う

●ビル・オフィス
・机や作業台の下にもぐる
・ロッカーなど大型備品の転倒、OA機器の落下に注意

●集合住宅
・ドアや窓を開けて、避難口を確保
・エレベーターは絶対使用しない避難は階段で


屋外の場合

●路上
・鞄などで頭を保護し、空き地や公園などに避難
・ガラスや看板などの落下に注意
・建物、ブロック塀、自動販売機などには近寄らない

●車を運転中
・ハンドルをしっかり握り徐々にスピードを落す
・道路の左側に車を寄せ、エンジンを切る
・避難するときは、キーをつけたままに・車検証や貴重品は携帯する


***

咲音は京都なので避難勧告もでていませんし大丈夫です。

被災地の方、避難指示が出ている方はお気をつけて、落ち着けと言われても難しいかと思いますが、
こんなときこそ思いやって、行動してください。
スポンサーサイト

ゆめのすーぷ。

本館を見てくださってる方は「近々谷山のさんの「夢のスープ」の歌詞考察書こうかなー」って言ってたのをご存知かもしれませんけど(でも少し前のことなので忘れてる気もする)、
本館より別館で書く方がしっくりくるかなーと思い、別館に書きます。

ということで、続きを読むからどうぞ。

more »

観覧車 回れよ回れ 想ひ出は 君には一日 我には一生

 いっそのこと時が止まってしまえばいいのだ。

 夕暮れの観覧車。この遊園地を出る前に乗ろうと私が言い出した、観覧車。
 外には沈みゆく太陽と、立ち並ぶ高層ビル、住宅街、色々なものが見渡せる。

 「綺麗だね。僕達はまるで、天上人のようだ」
 そんなことをいきなり貴方が言うから、吃驚した。
 天上人、ロマンティストな貴方らしい言葉。
 平安時代の貴族みたい。そう想い、私はくすりと笑った。
 「それじゃあ貴方は霞や花を食べて生きるの?」
 「そうだね。…そうして、この世界の行く末を見守るのさ」
 地上を見る。みんなみんな、小さい。箱庭の住人だ。いつ滅ぶとも判らない、この世界。
 観覧車はもうすぐてっぺんまでいって、そうすれば後は降りていくだけ。
 私達も、地上の人間に戻る。
 
 いっそのこと時が止まってしまえばいいのだ。

 小さな小さな世界を、貴方といつまでも。
 小さく笑いながら。

 「嗚呼、夕焼け」
 「真っ赤だね。綺麗だ」
 真っ赤に染まる、空。茜雲。嗚呼、とても綺麗。
 「…もう頂点までいってしまったみたいだ。僕達は地上に戻る」
 小さく笑いながら貴方が言う。私は瞳を閉じ、瞼の裏に焼き付いた夕焼けを見つめる。
 涙を少し隠すように。
 そうして、「そうね」と小さく呟いた。

 今日一日の出来事は、君にとっては所詮いつかは忘れてしまう、小さな小さな出来事なのだろう。
 私にとっては一生の宝物のように、きらきらと輝く素敵なものなのに。
 永遠に時が止まってしまえばいい。貴方とずっと一緒にいたい。
 観覧車よ、いつまでも回れ。

more »

プロフィール

神野 咲音

Author:神野 咲音
色んなところで詩を書いたり、歌を唄ったり、絵描いたり、いろいろしてます。
唇から、指先から、全身に融けこむような詩を書くのが夢。
最近は小話書く方向に表現方法が向いているかも…

私の世界観が誰かの心の隅に住む事が出来たら、とても嬉しいです。

当ブログの文章の無断使用、転載は禁止です。
何かあればコメント、又はメールフォームにどうぞ。(感想御意見etc…)

*リンクについて

当ブログはリンクフリーです。貼ってくださると歓びます。
報告は任意で。報告してくださると遊びに行きます*
相互リンクも大歓迎です。相互リンクの旨はコメント又はメルフォにお願いします。が、神野は本館の方にリンクを貼らせて頂きます。

ぐだぐだ呟きを書き溜めてる本館へはリンクからどぞー。
ボイス、ネトラジ(予定)のある「unclassified」へもリンクからどぞどぞー。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。